看護師転職 ライブラリー2021
























































看護のお仕事








全国各地に支店がある『全国対応』のサービス・全国どちらにお住まいの方でもサポート可能



各地域ごとに医療業界を熟知した専任のコンサルタントがいることで『地域密着型』のご提案



働き方がわかるキャリアセミナーや看護師さんのための美容イベント多数開催












看護のお仕事 詳細はこちら





























ナース人材バンク

















ナース人材バンク







年間利用者数は10万人以上・国内最大級の看護師さんの転職支援サービス




看護師紹介・業界一の老舗・東証一部上場 エス・エム・エス が運営




全国16拠点で展開しているため、全国どちらにお住まいでも転職サポート




求人検索や面接日次の調整を代行給料などの条件交渉も専任のキャリアコンサルタントにお任せ









ナース人材バンク 詳細はこちら
















ジョブメドレー








医療介護に特化した求人を展開するメドレーが運営する看護師転職サイト



自ら検索するサーチ型となりますので、自分のペースで職探しが可能



都心転職だけではなく地方転職求人にも強い












ジョブメドレー 詳細はこちら
















ナースではたらこ







東証一部上場企業「総合求人情報ポータル」の老舗・ディップ株式会社が運営



全国各地の医療機関情報・日本最大級、看護師専門の転職・求人サービス



多くの看護師さんに支持され、満足度第1位 (※:調査機関:楽天リサーチ 2015年4月/20〜40代)



Webに公開されていない最新の非公開求人も登録者限定でご紹介



「自分にぴったりの病院に転職したい!」そんな看護師さんを応援










ナースではたらこ 詳細はこちら

















マイナビ看護師







株式会社マイナビが運営する看護師の方のための転職支援サービス





医療系転職支援サービスのプロがサポート





日本全国にオフィスを展開・病院、クリニック、訪問看護、介護施設など




豊富な求人のラインナップ・非公開求人多数あり








マイナビ看護師 詳細はこちら












パソナメディカル








医療人材サービス企業のパイオニアとして、31年の実績とノウハウ



登録者数50,000人以上・全国のお仕事を紹介




登録スタッフ向けの無料イーラーニングや無料セミナー




なんでも相談窓口の設置など、サポートが充実









パソナメディカル 詳細はこちら














ナースパワー人材センター









看護師専門の職業紹介所として25年のキャリア



業界最大の全国13営業拠点と10万名の看護師が利用



沖縄・離島応援ナースなどオリジナル就業プランも定評












ナースパワー人材センター 詳細はこちら





























































看護師転職 ライブラリー2021

看護職員の方が新しい勤務先をリサーチするには、はじめにどのような労働条件を求めているかをリストアップするのがよいでしょう。

 

 

 

ナイトナースはできない、休暇はしっかりとりたい、敬遠したい仕事、たとえばお亡くなりになるときなど、望む職場環境は人それぞれです。ご存知のように専門職である看護師が不足し困っている職場は多いため、条件のそぐわない勤務先で我慢して勤める必要はないのです。

 

 

実際、看護師専用の転職サイトには、お祝い金があるところが存在しています。転職をすることで祝い金を出してもらえるなんてハッピーですよね。

 

ですが、お祝い金を出してもらうための条件がないことは少ないので、事前にしっかりと確認しておくようにするのが良いでしょう。それから、お祝い金のないところの方が充実のサービスな場合があります。
あと、結婚するときに転職しようとする看護師もかなり多いです。配偶者とうまくいかなくなって離婚を選択するよりは、転職を選択した方がいいでしょう。いずれ育児をする気であれば、結婚の時に自由な時間の多い仕事に転職をしておくと生活に余裕ができますね。

 

 

ストレスが蓄積されていると妊娠しにくくなりやすいので、注意するようにしてください。看護師の場合でも転職がいくつかあると印象が悪くなるかというと、必ずそうだとは言うことができません。
自己PRをうまくできれば、経験が豊かで意欲があるといったイメージを持ってもらうことも可能です。そうは言っても、勤務期間がほんの少しであると、雇っても少し働いたら辞めると考えられてしまう可能性が出てきます。

 

ナースが仕事を変えよう思うときは、ネット上のキャリアコンサルティングサービスも役立ちます。

 

 

 

看護専門職を探している職場情報は、公共職業安定所や求人誌などには紹介されないことが数多くあります。しかし、看護スタッフ専門のオンライン人材紹介サービスであれば、登録者のみ閲覧できる求人オファーがある上、求人元を「気風」という点からも検討できます。
躊躇しがちな給与や労働時間、保険、休暇等のかけひきを間に入って話してくれる場合もあります。

 

 

自らのキャリアのことを考えて転職しようとする看護師も世の中にはいます。
看護師の能力を向上させることで、収入アップを目指すこともできます。職場によって看護師の行う仕事は異なるため、自分に適した場所を見つけられるといいですね。自分は内科の外来がピッタリだという人もいれば、特別養護老人ホームがピッタリだという人もいるので、進んで転職するのも良いかもしれません。
よくいわれることかもしれませんが、看護師の転職の極意は、次の職場を探しておいてからやめるようにした方が良いでしょう。そして、3ヶ月は使って細心の注意を払って新たな職場を探しましょう。

 

 

気持ちが焦った状態で次の職場へ行ってしまうと、新たな仕事もまた辞めかねないので、自分の希望に合う仕事を丁寧に探しましょう。そのためには、自分の希望をクリアにしておきましょう。

 

看護師の転職しようとする動機としては、人間関係のこじれという人がかなりの数います。女性がたくさんいる職場ですし、イライラしやすいこともあり、対人関係が大変という人がたくさんなのでしょう。
その中に、パワーハラスメントやいじめが転職を検討する動機となってしまう人もいます。

 

辛い環境の中を耐え忍んで働こうとすると、体を悪くしてしまうので、すぐにでも転職を考えましょう。

 

 

 

いつ看護スタッフが別の仕事先に動けばよいのかですが、大半の人は賞与が出てから退職するため、夏だと6月、冬だと1月が比較的スムーズです。たしかに、専門職である看護師が不足し困っている職場は多いのですが、できるだけ雇用契約の内容に満足出来る仕事場が見つかるよう、新しい職場で働くまでに3ヶ月は間合いを取って、焦らず比較検討するとよいでしょう。

 

 

 

急ぎ仕事を変えたいという事情がないようでしたら、募集案件が多数紹介される頃まで様子を見るのがベターです。ナースが仕事を変える時も、要になるのが面接です。

 

試験官にマイナス点をつけられると、看護職員不足であるにもかかわらず選ばれない可能性があることを忘れてはいけません。

 

 

 

雇用の条件に恵まれているところは応募者数も多くなりますから、緊張感を失わず不足なく対策をたてて面接試験に行くようにしてください。クリーンな印象のファッションで、本番では明るくはっきり話すことが肝心です。

 

 

 

看護師が転職を考える時に、異なった職種への転職を考える人も多くいるでしょう。

 

 

しかし、大変な思いをして看護師資格をゲットしたのですから、その資格が有効に活用できる仕事を選んだほうが良いでしょう。かなり異なる職種であっても、看護師の資格が優遇される仕事は少なくありません。

 

努力して得た資格なのですから、使わないのは損になってしまいます。看護スタッフが別な勤務先にエントリーするにあたって、苦慮するのが志願の根拠です。
どうしてこの仕事場がよいのかを肯定的な雰囲気で表明するのは簡単ではありません。
高い給与や、休日が確保されるといったことも大切なことですが待遇面の特長に焦点を当てるのに比べ、看護専門職としてステップアップしたいから、というような、やりがいを求めているような応募理由のほうが採用に結びつきやすいと思います。
育児をするために転職しようとする看護師もたくさんいます。
特に看護師の場合、子どものことと仕事との両立が困難であるので、子どもを預けられる時間帯のみの勤務だったり、休みの日が多い職場で働いたりすることが選べると良いですね。育児の大変なときのみ看護師をやめるという人もたくさんいますが、子育てをするにはお金がないといけませんから、看護師の資格を利用できる別の仕事を探してみましょう。

 

ナースが仕事を変えるに当たって窓口としては、現代はパソコン、モバイル端末を用いるのが多数派になってきました。ネットの看護専門職向けのキャリアサポートサービスを活用すると、金銭的な負担もなく、どこにいても好きな時に募集案件を確認することができるのです。

 

 

華麗なる転身のためには、たくさんの情報に触れて吟味するのが肝心ですから、勤務先を移りたいと考えたなら、できるだけ早くアクセスしてみましょう。
看護職員の方が別な環境へ移りたいと思った要因としては、ステップアップと説明するのが良策です。

 

 

元いた勤め先の雰囲気が合わなかったとか、賃金や労働時間などが実際の仕事に見合わなかったとかの、不満を転職理由にしてしまったら、相手側の心証を悪くしてしまいます。

 

この場合は、仕事を変えたい本当の訳を素直に明かす意味もありませんので、積極的な姿勢で求職していることを答えられるようにしておいてください。